BLOGブログ

Domaniオフィシャルブログ

エレガントな小物入れで収納美人♪

2012/05/29

こんにちは!編集部アシスタントの柚木(ゆのき)です。

最近、夏が近づくにつれてカラフルなものが気になっていた私ですが、
今日は編集部でこんな素敵な小物入れを発見~
ポーチ1
ライター・中島麻のカバンの中からチラリと見えて、
あまりのかわいさに「それどこのですかっ?!」と
すかさず食いついてしまいました

鮮やかなピンクの発色がとてもきれいで、
さわるとベルベットのようにもこもこ
和なデザインもなんともいえず上品で、女心をくすぐります
JOJOというブランドのものだそう

見た目がかわいいだけではなく、
「生地がすごく丈夫で、全然くたばらないの~」だとか
聞くと生地はヨーロッパのカーテンやソファなどに使われる
インテリアファブリックを使用しているのだそう。
ソファのように、使いこむほどに味が出そうです

東京・銀座のmimeというアイブロウサロンで購入したそうで、
生地はなんと約100種類の中からオーダーできるとか
オンラインショッピングもできるようです

「ポーチとしても使えるけど、クラッチとしても使えそう」
とのことで服に合わせて持つとこんな感じです。
ポーチ3
か、かわいい~
例えばレストランで化粧室へ行くときなんかも、
小脇にかかえるだけでサマになりそうです

ちなみに、ポーチの中身を見せてもらうと…
ポーチ2
ペン、USB、充電器…
こういうものってカバンの中で
ぐちゃぐちゃしちゃったりしますよね~
私のカバンの中もひどいことになってるので…これは便利かも

なにかと持ち物の多い、働く女子。
荷物がかさばるときにはこんな素敵ポーチにすっきりまとめて、
カバンの中もエレガントに美しく
大人の女性のたしなみ、ですね
 

女っぷりUP♡タイトスカート祭り!

2012/05/28

こんにちは。編集アシスタントの柚木です。
先日はPAOLA FRANIの秋冬新作展示会にお邪魔してきました

PAOLA FRANIと言えば、とにかくタイトスカートが絶品
弊誌3月号『たった8枚の服があればいい!』特集でも
“究極のタイトスカート”としてご紹介しました

今回の展示会でも素敵なタイトスカートがいっぱい!
興奮しすぎてすべてかき集めてしまいました…(PRの千田さん、ご協力ありがとうございました!)
ということで💡タイトスカート・オンパレード、ご覧ください〜

こちらの2点はファーストラインのPAOLA FRANI。
スカート1
右のスカートはティアード風の大胆なレザーMIXで、
かっこいいこなれた系スタイルに
左のスカートはツイード素材があしらわれているので、
フェミニンなきちんと系スタイルにいかがでしょう

そしてこちらはセカンドライン、PF by PAOLA FRANI。
見てください、この量(一角を貸し切って撮らせていただきました
スカート2
paola
レース、ギャザー、ボーダー、カラーブロック、ビジュー、スタッズ、ツイード…と、大豊作
これだけそろっていれば、きっとお気に入りの一枚が見つかりそうです

PAORA FRANIのタイトスカートは撮影でもよく見かけるのですが、
なんといってもシルエットの美しさが秀逸
履くと厚みのあるストレッチ素材がヒップラインをキュッと上げて、
小尻&脚長に見せてくれるんです


ちなみに一緒にいた編集・秦野は、今回のコレクションで
カーキのレースタイプが気になったそう
「前身ごろのみレースで、後ろはつるっとしたシンプルなデザイン。
前と後ろで表情が変わって、エレガントすぎずに着られそう!」とのこと

タイトスカートは一枚でぐんと女っぷりが上がる魔法のアイテム
仕事はもちろん、カジュアルなパーティまで
あらゆるシーンで使えるし、本当に重宝しますよね
ちょっとしたニュアンスの違いで着こなしの雰囲気もがらりと変わるので、
何枚持っていても損はなさそうです
さて、次の一枚はどうしましょう〜〜


フレッシュな夏色メークに視線集中!

2012/05/25

こんにちは編集アシスタントの柚木(ゆのき)です。

先日、美容担当である副編集長・益田史子のメークが
編集部で話題の的に
BlogPaint
通りすがる何人もの人に
「今日のメーク素敵~」と声をかけられていました。
どうやらボビイ ブラウンの夏の新作発表会で、
専属アーティストにメークをしてもらったそう

特にセクシーと評判だったのがアイメーク。
鮮やかなターコイズブルーがみずみずしくて、
なんだかとても魅惑的…
メイク2
魅惑の目元、その正体は
ロングウェア クリームシャドウの7月限定色“ブルームーン”。
今回のボビイ ブラウンの新作コレクションは、
果てしなく広がる青空が刻一刻と変化していく様子をイメージしているそう
こちらのシャドウも、清涼感がありながら
ミステリアスで艶やかな輝き

アイシャドウというよりは、
クリームライナーのような感じで目のキワに細くいれると、
ハッと目を引く大人のインパクトEYEに

さらにまつげの隙間を埋めるように、
パープルがかったブロンズカラーのジェルアイライナー
“トワイライトナイトシマーインク”(こちらも限定色!)をひくと、
ブルーのクリアな発色がより引き立ちます

「夏の日差しに映える色だから、ビアガーデンとか、
とにかく外でお酒が飲みたくなってくる~」そう

夏らしくさわやかなターコイズブルー
洋服や小物だけでなく、こんな風に目元に彩るのも素敵ですね
都会にいながらリゾート気分を味わえる
夏色アイメーク、是非お試しをっ

PROFILE

Domani編集部

「働く女性を応援するファション・バイブル」をお届けしている私たち編集スタッフも、読者のみなさん同様、「働く人」。そう、ときに楽しみながら、ときに泣きながら(特に締め切り直前)日々を送っていたりするわけです……。本誌ではうかがい知れないDomaniの舞台裏や編集部員の叫び、つぶやき、ぼやき、ほくそ笑みetc.を、特別公開!

RECENT ENTRY

ARCHIVE

月別アーカイブ

SEARCH

記事検索
小学館雑誌定期購読Privacy policy小学館のプライバシーステートメント広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2016 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。