BLOGブログ

Domaniオフィシャルブログ

雨の日バッグ

2015/09/10

こんにちは、Domaniアシスタントのウスイです


雨の日って、どうしても暗い色のアイテムに頼ってしまいがちなイメージですが・・・
その中でパッと目を引く明るいカラーのバッグを手にしている人を編集部で発見

それがこちら。
ライター今村さんが持っていた"エルベシャプリエ"のスクエアトートです。

image
705GPリュクススクエアトートA4サイズ(L) ¥73,500(税抜価格)


真っ白なバッグをこんな雨の日に・・・!?と驚いてしまったウスイ。
「こんな雨降りに白いバッグで大丈夫なんですか・・・??」と聞いてみると、

「定番のキャンバス地にコーティングを施している素材だから、雨の日も平気だよ!」by今村さん

ということで、寄って見てみると・・・
確かに! 表面はレザーのシボのような小石柄になっていて、コットンキャンバス地じゃない!
この写真から伝わりますか~??

image

コーテッドキャンバスという、コットンキャンバス地にゴム引きをした素材で
もともとの耐久性のよさはそのままに、雨や汚れにも強い仕上がりに。
キャンバス地よりきれいめな雰囲気になっていて、カジュアルすぎず持てるのもうれしいところ
※ちなみに持ち手部分は定番タイプと同じく地厚なコットンでできています。

「多少表面が汚れてしまっても、ササッと拭くだけで簡単に汚れが落とせます
でもデニムの色移りは落としづらいから、デニムをはく日は注意したほうがいいかも。」by今村さん

という使用者ならではのリアルな耳より情報もいただきました

シーズンごとに、持ち手×本体のカラーリングが更新されていく”エルベシャプリエ”ですが
この今村さんのグレー×ホワイト配色は今年の春に購入したものだそうです。

雨の日はもちろん、晴れの日も使いたくなる「大人カジュアル」な雰囲気漂うこのバッグ。
自分好みのカラーリングを見つけたら、 GETしておきたい逸品です

今月の人気コーディネート第1位<2015年8月号編>

2015/09/08

こんにちは、Domaniアシスタントのウスイです


連日の雨・・・髪が湿気でやられています。くせ毛にはなんともつらい毎日です。
でも、気持ちはジメジメしてしまわないように・・・


見るだけでも爽やかな気分になる、8月号の人気コーディネート第1位をご紹介します。

好き001

Domani2015年8月号 P.37 撮影/白川青史
『蛯原友里、35歳――「大人カジュアル」と向かい合う』

夏の日差しを受けながら、友里さんが大人カジュアルを着こなしたこの企画。
先日ご紹介したふたつの2位に引き続き、本日お届けする第1位もこちらから

8月号の人気コーディネート上位3体は、すべてこの企画からのランクインする結果に!
同企画のそのほかのコーディネートも、どれも大人気で、まさに上位独占状態
「大人カジュアル」をシンプルに表現した内容に共感と憧れの声が多く寄せられました。

さて、そのなかで1位になったのは、
ネイビーと白を使った爽やかさ100点満点のこのコーディネート。

「紺と白・・・夏の定番ながら、粋なカジュアルスタイルがかっこよすぎです!」(35歳・SE)

ベーシックをさらりと着こなす”余裕”。
そんな心持ちも「大人カジュアル」には欠かせない要素です。
ベーシックをきちんと自分らしく着こなせることこそが
「カジュアル」を大人らしく着こなすためにつながっていくのかもしれません。

ん、・・・自分らしく・・・??
「自分らしさ」を特集したDomani10月号もあわせてチェックせねば! ですね


「カジュアルだけど、大人っぽい配色が好き」(39歳・販売職)
「カジュアルなのに、どことなくきちんとしている」(35歳・公務員)
「カジュアルなのに上品で、不思議とカジュアルすぎないところ」(34歳・研究開発職)

このコーディネートがただのカジュアルで終わらない秘密は
落ち着いた「配色」と、素肌になじむやわらかな上質な「素材感」という
大人だからこそわかっているポイントをしっかりと押さえているから

「カジュアルなのに・・・」、「カジュアルだけど・・・」。
カジュアルを格上げするポイントをどこかにつくることで、コーディネートは一気に見違えるもの。
それが小物づかいなのか、上質な素材選びにあるのか、着こなし方なのか・・・
どこで「ひとひねり」を加えるのかはきっと自分しだい。

9月になり、夏から秋へと季節は移っていますが、
「大人カジュアル」との向き合い方は季節が変化しても、変わったりしないもの。
これからのシーズンも、「大人カジュアル」に挑戦していきましょう
 

「サプライズ」ケーキでクリスマス

2015/09/07

こんにちは、Domaniアシスタントのウスイです

「いきなり秋になった」「あんなに暑かったのに」「衣替えできてない」
・・・と先日からブログの冒頭でぼやいているウスイですが、
さらに一足飛びして、はやくも「クリスマス」ムードを味わう機会が・・・

場所は、丸の内のパレスホテル東京。
2015年クリスマスケーキの試食会にお邪魔させていただきました。


会場には華やかなケーキがずらり。

image
<クリスマスケーキ>※すべて税込価格
写真上:右/ストロベリー・ショートケーキ 12cm×H8.5cm¥4,320、15cm×H8.5cm¥5,400 左/ルミエール¥4,320
写真下:右奥/レーヴ¥21,600 右中/ボネ・ド・ペール・ノエル¥8,640 右前/モンブラン¥5,940
    左奥/サパン・ド・ノエル¥10,800 左前/クロンヌ¥4,320

こちら、サンタクロースの帽子をかたどった赤いケーキ。
この見た目だけでもクリスマス気分100%で心躍るのですが・・・

2015-09-03-14-11-44

この帽子をよいしょっと持ち上げると・・・

image

チョコレートでつくられたサンタクロースがお目見え
帽子をふちどっていた白のもこもこは、実はチーズケーキ。
チーズは濃厚でありながら、ほろりと優しい口当たり
持ち上げた帽子もチョコレートで出来ているので、食べられますよ~。

こちら実は昨年のクリスマスも販売されていたケーキ。とても人気だったそうで、2015年も登場です
■ボネ・ド・ペール・ノエル¥8,640(税込価格)

この「ボネ・ド・ペール・ノエル」の評判をうけて、
2015年はサプライズ感のあるケーキをさらに用意しているとのこと・・・


・・・ということは、もしかしてこれにも何か仕掛けが?
と気になったのがプレゼントボックスを模したこのケーキ

image

よいしょっとチョコレートで出来たプレゼントボックスを持ち上げると・・・

image

プティシューとキューブ型のチョコレートケーキが。
ほろ苦いチョコレートケーキにはナッツがぎっしりとつまっていて飽きの来ない味わいです。
ケーキのコンセプトは、煙突からプレゼントを届けるサンタ
なんとも甘くて美味しいプレゼントを届けてくれるサンタさんですね
外側のボックス&リボンもチョコレートなので、すべて美味しくいただけますよ
■レーヴ¥21,600(税込価格)


そしてこちらはホワイトチョコレートでつくられたコーン型のクリスマスツリー
丸い窓や下からちらりと見えるものは、
かわいらしい見た目も味も女性が愛してやまないアレなのでは・・・?

2015-09-03-13-42-24

こちらもよいしょっと。

2015-09-03-13-42-14

中は色とりどりのマカロンでできたタワーがそびえていました!
外側はさっくり、内側はしっとり、口の中で甘さがしみわたる絶品マカロンが積み上げられたタワー
この素敵な眺めを崩したくないけれど、
でもやっぱりもうひとつ食べたい・・・という気持ちが勝ってしまいそうです。笑
■サパン・ド・ノエル¥10,800(税込価格)


こんな「サプライズ」ケーキがクリスマスパーティに出てきたら、盛り上がること間違いなしですよね

「レーヴ」
はプティシューとキューブ形のケーキ、「サパン・ド・ノエル」はマカロンがメインになっているから
みんなでわいわいしながら気軽にケーキを食べられてパーティシーンにぴったりかも・・・
でも、「大きなケーキを切り分ける」という特別感もクリスマスには捨てがたいところだなあ・・・

なんて贅沢な悩みにふけりながら、試食ケーキをモグモグ
目移りしてしまう気になるクリスマスケーキばかりで、
私だったらひとつに決めきれない・・・と思いつつまだまだモグモグ

クリスマスケーキの販売期間は12/20(日)~25日(金)。
予約は10/1(木)~購入日の3日前までとなっています。


クリスマスケーキが美味しかったのはもちろんなのですが、ブレッドも評判◎のパレスホテル東京さん。

2015-09-03-20-26-36
<シュトーレン、ベラヴェッカ&パネトーネ>※すべて税込価格
写真上:右/シュトーレン¥2,268 中/ボーネン・シュトーレン¥2,268 左/シュバルツ・シュトーレン¥2,376
写真下:右/ベラヴェッカ・アン・ソシソン¥1,188 左/パネトーネ Large(9cm×H14cm)¥1,296、Small(6cm×H8.5cm)¥432



クリスマスのドイツ伝統菓子・シュトーレンやアルザス地方のイースト菓子・ベラヴェッカ、
イタリア伝統のパン・パネトーネも「クリスマスブレッド」として限定販売されるそう
販売期間は12/1(火)~12/25(金)です。※予約販売はなし

会場で試食させていただいた中で特に気になったのがシュトーレン。
定番タイプを含めた3種類があったのですが、
ウスイ的お気に入りは「ボーネン・シュトーレン」という渋皮栗や数種類の豆が入ったもの
この写真↓↓の一番左がそれ。栗や豆がごろりと入っているのがわかりますよね。

image

きな粉と柚子の香りで仕上げられた和風シュトーレンがとっても新鮮でした。
日持ちしてくれる上に、季節感のあるものなので、
クリスマスシーズンの手土産にぴったりだな~、とブレッドたちもモグモグ
東京駅徒歩圏内というロケーションを生かして、
帰省の「東京土産」にするのも便利だし、喜ばれそう~、とさらにモグモグ



と、少し早いクリスマスの味を堪能してまいりました堪能しすぎ・・・!?


まだまだ先だと思っているうちに、あっという間にやってくるクリスマス
現に、今回ご紹介したクリスマスケーキの予約は10月1日からスタートです!

今年のクリスマスを盛り上げてくれるケーキ・・・
シーンや一緒に過ごす人に合わせながら、あなたならどれを選びますか??

2015-09-03-20-23-51


■販売店舗:ペストリーショップ「Sweets & Deli」
       (東京都千代田区丸の内1-1-1 パレスホテル東京 B1F)
■営業時間:10:00~20:00
■予約・お問い合わせ先:ペストリーショップ「Sweets & Deli」直通TEL 03-3211-5315
 

PROFILE

Domani編集部

「働く女性を応援するファション・バイブル」をお届けしている私たち編集スタッフも、読者のみなさん同様、「働く人」。そう、ときに楽しみながら、ときに泣きながら(特に締め切り直前)日々を送っていたりするわけです……。本誌ではうかがい知れないDomaniの舞台裏や編集部員の叫び、つぶやき、ぼやき、ほくそ笑みetc.を、特別公開!

RECENT ENTRY

ARCHIVE

月別アーカイブ

SEARCH

記事検索
小学館雑誌定期購読Privacy policy小学館のプライバシーステートメント広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2016 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。